KAWAKAMI-Sumio-sam.jpg
作家名

川上澄生(かわかみすみお)KAWAKAMI Sumio

ジャンル
カラフル  モダン  人物  木版    静物  風景  

コメント

 私の故郷は文明開化の日本である。明治中葉以後の文明開化の横浜であり東京の山の手である。も早や地球上の何処にもない文明開化の日本の裡にある。なつかしきその風物の中にその風俗の中にその風格の中に私は私の幼年時代少年時代を追想するのである。
(『ランプ』 昭和15年・アオイ書房刊より一部抜粋)

略歴

1895年
横浜市に生まれる
1907年
青山学院中等科入学。同級生に日本に木口木版画を伝えた合田清の息子・弘一がいた
1912年
青山学院高等科に進学。この頃から『中学世界』、『文章世界』、『秀才文壇』などの雑誌に口絵やカット、詩を投稿し始める
1917年
父の勧めによりカナダのヴィクトリアへ行く
1918年
アメリカのシアトルに移り、看板描きの仕事に就くが、すぐにアラスカへ行き、鮭缶詰製造人夫となる。弟死去の知らせで帰国
1921年
青山学院長の斡旋で宇都宮中学の英語教師となる。野球部副部長となる
1922年
第4回日本創作版画協会展に《黒き猫》初入選
1926年
第5回国画創作協会展に《初夏の風》、《月の出》出品。棟方志功が《初夏の風》を見て感銘を受ける
1927年
木版自摺の詩画集処女作『青髯』刊行。神戸版画の家より『川上澄生創作版画集・第一輯』刊行
1928年
宇都宮中学の生徒たちと版画誌『刀』を創刊する
1929年
『新東京百景』、『日本新八景版画 第一輯 日光之部』を制作する
1942年
宇都宮中学を退職。退職翌日から木活字の制作を始め、第1作『南蛮船記』刊行。以後、終戦までに18冊もの版画絵本・版画本を刊行
1945年
戦火を避け、妻の実家である北海道に疎開。苫小牧中学校の嘱託となる
1949年
宇都宮に帰り、県立宇都宮女子高校の講師となる。第1回栃木県文化功労者章受章
1958年
宇都宮女子高校を退職する
1959年
2月、日本橋白木屋百貨店、7月、大阪三越百貨店で個展開催
1967年
勲四等端宝章受章
1972年
9月1日77歳で逝去

作品紹介

KAWAKAMI-Sumio-01.jpg

《初夏の風》

1926年 22.8×34.9cm

木版

KAWAKAMI-Sumio-02.jpg

《地球儀・書物・洋燈》『明治調十題』より

1968年 24.2×21.1cm

木版

KAWAKAMI-Sumio-03.jpg

《月の出》

1926年 21.5×30.7cm

木版

関連書籍

このページのTOPへ