木村 秀樹(きむら ひでき)KIMURA Hideki
作家名

木村 秀樹(きむら ひでき)KIMURA Hideki

ジャンル
シルクスクリーン(孔版)  モダン  抽象    立体  

コメント

 「私の提示してきたイメージ(像)は、基本的にどこかから切り取られたものです。従って、それらは<断片>としてのかたちを持っているといえます。断片は、元々属していた文脈から切りはなされ、新しい別の文脈に組み入れられる宿命にあるのですが、私の興味はむしろ、断片を断片のままにとどめる方に傾いてゆきます。」
(作家コメント「わたしのかたち」『版画年鑑1999』阿部出版より)

略歴

1948年
京都市に生まれる
1974年
京都市立芸術大学西洋画科専攻科修了。第9回東京国際版画ビエンナーレ・京都国立近代美術館賞
1976年
第6回クラコウ国際版画ビエンナーレ・メダル賞
1980年
第8回クラコウ国際版画ビエンナーレ・ポーランド写真協会賞
1982年
ビルバオ国際版画ビエンナーレ・第2席
1987年
第2回和歌山版画ビエンナーレ・大賞
1988年
MAXI GRAPHICA設立。文化庁派遣在外研修員(米国)
1999年
個展「半透明」(京都市美術館)
2008年
「MAXI GRAPHICA/Final Destinations」(京都市美術館)。第21回京都美術文化賞
2009年
京都府文化賞・功労賞。第21回京都美術文化賞受賞記念展(京都文化博物館)

作品紹介

KIMURA-Hideki-01.jpg

《Pencil 2-3》

1974年 72.8×103cm

シルクスクリーン

KIMURA-Hideki-02.jpg

《Misty Dutch 8》

1997年 66×50cm

シルクスクリーン

KIMURA-Hideki-03.jpg

《Assortment 2(骰子の城塞)》

2014年 15×60×80cm

シルクスクリーン、焼き焦し

関連書籍

このページのTOPへ